2015年

11月

09日

スカイプ英会話への思い

最近スカイプ英会話のブームも勢いを失っているのではないでしょうか。よくネットで目にしていた広告もずいぶん減ってきた気がします。正直なところ、スカイプ英会話のブームは下火になって当たり前だと思っています。広告だよりのビジネスが長続きするはずがありません。私がこういっていることには理由があります。

ネット広告合戦を繰り広げていた大手スカイプ英会話事業者のサービスというのは、決して英語教育というものではありません。第一に、いつでも大勢の講師の中で好みの講師を選んで予約をすれば英会話レッスンができるとアピールしています。が、これは先生と生徒との何の関係性を持たない、生徒さんの自由さばかりを強調していています。ここに教育や学習の要素はまったくありません。オンライン英会話サービスというより、オンライン出会いサービスという印象を受けるのは私だけでしょうか。

第二に、フィリピン講師の質の問題です。大量の講師たちの中から好きに選ぶということですが、英会話の場合大事なのは、講師の数ではなく「質」です。なのに、講師はフィリピンの有名大学の学生さんというのはあまり無責任だと思います。なぜなら、フィリピンは中学、高校合わせて4年制であり、大学1年生は16歳なわけです。いい年をした大人が16歳のパート講師に英語を習っている光景を考えてみてください。

 

このようなビジネス優先のやり方さえ正せば、スカイプ英会話の仕組みは、英会話を身につけたい方々にとって大変ありがたいシステムだと思います。これほど便利で効果的な仕組みは他に思いつきません。ですから、私自身スカイプ英会話サービスの「オンエアイングリッシュ」まで立ち上げたわけです。オンエアイングリッシュにはバイト講師は一人もいませんし、レッスン時間を決めて、担当の講師と規則正しく丁寧に英会話が学べる環境を提供しています。

このようなごく当たり前なやり方がなぜかスカイプ英会話サービス業界では、最大の差別化要因になっています。

0 コメント

2015年

6月

08日

お勧めしたい英語学習法

英語学習に限った話ではありませんが、言語習得のためには楽しく学ぶことが重要です。では英語を楽しく学ぶにはどうすればいいのでしょうか。学習者各自のおかれた状況によるでしょう。子供たちは英語のアニメを楽しみながら学習することができます。青少年の学生さんはインターネットで動画を通じて英語学習ができます。大人の場合は会話より文法をしっかり覚えることが大事です。といいながら、英語を学習する上で老若男女を問わずにお勧めしたい英語学習は、1対1のスカイプ英会話レッスンです。

その理由はこうです。英語学習は水泳を習うのと似ています。水泳を習うためには水に入らなければなりません。教室でどんなに素晴らしい講義を聞いても水の中での実戦なしでは泳ぐことができません。同じく英語を習得するためには、英語学習用のアニメや動画を繰り返し視聴するとしても英語ネイティブと実戦の英会話を欠かせません。ネイティブと1対1の英会話をするのにスカイプ英会話である必要はありません。スカイプ英会話をすすめる理由はほかでもなく、英会話練習をするのにこれほど安くて効果を発揮するものがないからです。

もう一つ、英語学習用のデジタルコンテンツをお勧めする声もあっちこっちで聞こえてきます。しかしどんなに良い英語学習用のコンテンツであっても、一週間利用すれば飽きがきます。デジタルコンテンツの弱点は飽きてやめてしまいます。でも1対1のスカイプ英会話は飽きることがありません。やればやるほど先生のことも好きになり、より楽しくなります。これがスカイプ英会話の最大の魅力だと思います。

0 コメント

2015年

2月

06日

スカイプ英会話レッスン時間をアラームセットしましょう!

スカイプ英会話レッスンをサポートして感じたことがあります。それは「うっかりレッスン時間を忘れてしまった。」という生徒さんからの声です。生徒さんより事前連絡がない限り、講師達は決まった時間に生徒さんにスカイプコールをかけます。が、生徒さんがうっかりとレッスン時間を忘れるケースがたまにあります。これからスカイプ英会話レッスンをという方にも、この「うっかり時間忘れ」が訪れてしまうかも知れません。

さて、「うっかり時間忘れ」を防ぐうってつけの手段がありますので、ぜひお勧めしたいです。みなさんは携帯もしくはスマホをもっていらっしゃいますよね。これらの端末にはスケジュール機能が搭載されており、それを使えばアラームセットが簡単にできます。ですので毎週くりかえしレッスン開始1時間前、10分前にアラームをセットしておけば、「うっかり時間忘れ」は起こりません。実践してみて下さい。実はこのアラーム機能ですが、私が一番重宝しております。

2014年

9月

12日

オンライン英会話レッスンのご利用について

スカイプ英会話レッスンを効率よく使って頂くためには、どう利用すればいいのだろうか。受講生の立場になって考えてみました。まず、小学生の場合ですが、週1度のペースで英会話スクールを通っている生徒さんが多いかと思います。英語に慣れ、やる気が出た時点で、スカイプ英会話レッスンを利用した方がいいと思います。教室で習ったことがマンツーマンスカイプ英会話を通じて十分練習できるからです。そう練習が出来れば教室のレッスンもより楽しくなるに違いありません。要するにシナジー効果が生まれるのです。また大学生や社会人の場合は、時間に制限があるため、通学不要なマンツーマンのスカイプ英会話だけでも英語の学習効果は大きいはずです。おまけにレッスン料金が安いので金銭的な負担がかかりません。自分のペースに合わせた、楽しいスカイプ英会話レッスン。これが私たちオンエアイングリッシュが追求する英会話サービスです。

2014年

6月

24日

オンエアイングリッシュと英語学習

オンエアイングリッシュの英会話レッスンが終わった子供の生徒さんに、「レッスン、楽しかった?」と聞くことがあります。そうすると、きまって「Yes!」という答えがかえってきます。50分のレッスン時間は間違いなく英語ムードだったでしょう。だからレッスン直後にもまだ英語ムードにいるのだと思います。日本語を全く話せない講師との50分のマンツーマン英会話だと相当緊張もするし、パワーを使います。でも苦に思うことなく「疲れた。でも楽しかった!」といってもらえると私もやりがいを感じ、幸せな気分になります。

楽な方法や一人で習えるなんて広告をする英語学習法があふれています。が、どっちみち表現できなくて感じる苦しさやもどかしさなくして言語は習得できません。これをよけることなく乗り越えることこそが言語獲得の唯一方法ではないかと思います。この唯一の方法を実現すべく、学習者の時間とお金を最低限におさえて手に届ける形にしたのが、「オンエアイングリッシュのスカイプ英会話サービス」であります。

私たちオンエアイングリッシュのスタッフ一同、引き続き受講者様の英語習得を全力でお手伝いさせて頂きます。

2014年

6月

17日

水泳を教室で学んでいませんか?

水泳をプールではなく教室で学ぼうとする人はいません。では英語を英語ではなく日本語の説明で学ぶ人はたくさんいます。冷静に言えばこれは英語を学んでいるとは言えません。日本語の説明を聞いているにすぎなく、コミュニケーションの手段としての英語とはほど遠いものです。

日本の学校教育の現状はどうでしょうか。英語ネイティブ教師による授業が増えたとは言え、まだまだ日本語による英語教育が主流といえます。英語教育で一番重要なのは英語環境づくりだと思います。英語環境といえば、簡単に聞こえるかも知れませんが、これこそ実現するのに多大な費用がかかるため、容易なことではありません。そういう意味で、オンエアイングリッシュのスカイプ英会話レッスンは費用問題を解決する一つの有効な手段であります。この有効な手段が活用され、受講生の皆さんが英語習得にぐんと近づけることを心より祈っております。

 

2014年

6月

13日

オンエアイングリッシュの誕生

外国語学習が好きだった私でさえも英会話になるとなかなか思う通りに話せない。そもそもオンエアイングリッシュの始まりは、こんな思いから起因します。今までかけた「時間」と「お金」を考えると情けないです。イイワケにはなりますが、当時の英語教育だと英語をしゃべれないのが当たり前、英語の先生も話せない方でしたから。でも不思議で不思議でしょうがないことがあります。それはグローバルの波です。街で外国人と出会うことも、テレビやインターネットから英語が溢れています。でも英語教育に限っていえば、30年前と大差がないと感じるのは私だけでしょうか。

このものすごいギャップを縮める第一歩として、英語ネイティブのプロ教師とマンツーマン英会話レッスンを楽しむ「オンエアイングリッシュ」を企画したのです。全てのレッスンは受講生のレベルや目標を理解している担任の先生が担当します。だから無駄がありません。また予約の手間がいらない固定レッスンだからスケジュール管理がしやすく、続けやすいのが特徴です。

2014年

5月

12日

オンライン英会話レッスンの停電対策

平素はオンエアイングリッシュのご利用有難うございます。

オンエアイングリッシュのゆうです。

 

先週は電力不足に加えて、インターネット・プロバイダーの回線ダウン(木曜日)があり、

大変ご迷惑をおかけしましたこと、改めてお詫び申し上げます。

「大変申し訳ございませんでした。」

 

さて、その反省より下のような対策を講じております。

① 電に備えて、非常発電用の電源確保

②インターネット・プロバイダーの二重化(第1位事業者に加え、第2位事業者のインターネット回線を導入)

 

実は、先週土曜日11時30分ごろ予期せぬ停電が発生しましたが、すぐ非常用のバッテリ電源に切り替えることで、

1分ほど中断をもってレッスンを再開させることができました。 

今のところ、ミンダナオ島では午後4~6時間ほどの停電が常時発生している状況です。

場合によっては、夜レッスン中に急に停電が発生することもあるかと思いますが、

1分ほどお待ちいただきたいのと、非常用バッテリをつなぐことでインターネットは回復できますが、

オフィスのほとんどの電灯が消えてしまう場合がございます。

要するに暗闇の中、先生の顔がほとんど見えない、もしくはお化けのように映ることがあるかと思われます。

その際には先生のカメラをオフにすることもありますので、驚かないでください。よろしくお願いします。

引き続き、オンエアイングリッシュのレッスンをお楽しみいただきたく、よろしくお願いします。

2014年

5月

03日

オンエアイングリッシュは英語に挑戦するあなたを応援します。

私は日本の英語教育に革新をもたらしたいと考えています。その第一歩としてスカイプ英会話スクールのオンエアイングリッシュを展開しています。ありがたいことに私の考えに賛同してくれる方々からいろんな受講生を紹介してもらっています。ご紹介いただいた方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。「お気遣いいただき、ありがとうございます。」

さて、オンエアイングリッシュの一番の特徴はインターネットのスカイプを利用したビデオ電話形式の英会話レッスンになります。これはインターネットを介して英語学習をすることに抵抗がある方には受け入れがたくハードルが高いと感じます。それはオンライン英会話の品質、価格、通学が不要などのメリット云々より、「使い方がよくわからない」という理由に起因します。スカイプが世界で一番使われているビデオ電話ソフトとはいえ、インストールして登録して操作法を覚えなければなりません。ヘッドセットを購入する必要もあります。要するに英語を学習するためには、オンライン英会話レッスンとはいえそれなりに準備の手間がかかります。通常の英会話スクールに行くのは面倒だから、オンライン英会話でもやるかという気軽さだけではその一歩が踏み出せないのです。たとえオンライン英会話を受講するにたどりついたとしても、「英語に自信がついた」、「英語の伸びを実感した」というまで行かないケースが多いです。なぜかというとオンエアイングリッシュは英語習得を切実に願う方々に力になるために産まれた英会話サービスだからです。利便性や手軽さだけで英語が習得できるものではありません。逆に言えば、英語習得を真剣にお考えの方ならオンエアイングリッシュの英会話サービスほどリーズナブルで手っ取り早い手段はなかなかありません。ですから英語に挑戦するあなただけにオンエアイングリッシュをお勧めします

2014年

4月

24日

臨場感あふれるオンライン英会話レッスン

オンエアイングリッシュのオンライン英会話をすすめると、首を横に振る子供が多いです。きっと恥ずかしいと思っているのでしょう。でも実際体験レッスンをしてみると案外「緊張したけど、楽しかった。」といってくれます。多分今まで日本語が話せない人と30分ほどしゃべったことなんてなかったのでしょう。要するにやる前とやった後の受け入れ方が全然違ってくるのです。こちらからも誰にでも勧めているわけではありません。小学生であっても英語の学習歴があり、いく分基礎知識を持っている生徒さんにオススメしているわけですから、オンライン英会話の体験レッスンは生徒さんにとても新鮮な経験になるに違いないと確信をしています。インターネットを経由するオンライン英会話とはいえ、リアルで生の英会話講師と会話をしているわけですから、これを超える臨場感を演出することはまずできないでしょう。街角にあふれる英会話広告のどれを取り上げても、この臨場感を変えるものはありやしません。

2014年

4月

22日

英会話をならう喜び、サポートする喜び

オンエアイングリッシュのオンライン英会話レッスンを受講している生徒の場合、1カ月ほどで英語の発音や先生とのやりとりに自然に慣れ親しんでいると感じます。先生の教え方もうまいのですが、何とか先生とコミュニケーションを取ろうとする受講生の努力が功を奏したと思えてなりません。

オンエアイングリッシュの多くの受講生は小学生です。幼いうちに英語に興味を持ってもらい、英語を聞いて話す本来の英語教育に近づけたいという私たちの思いが働いているのでしょう。とは言っても、幼い子供だから英語を勧めるわけではありません。年齢よりも大事なのは、英語を本気で習いたいと思っているかどうかなのです。本気で英語を習いたいと思っている子供に英語を教えられるのは、実は教える先生も幸せです。またこのオンライン英会話サービスを提供している私にもこの上ない喜びなのです。

2014年

4月

14日

英会話の始まりは勇気です。

オンエアイングリッシュの講師は全員フィリピン人であり、英語教師をめざして英語教育を専攻した方たちばかりです。日本語を話せる講師はいません。ですからたとえ受講生に英語が全く分からなくても、英語だけを頼りにコミュニケーションを取ろうと辛抱強く頑張っています。オンエアイングリッシュの講師たちはプロですから、受講生の英語力に左右されることはありませんので、ご心配は要りません。私たちが必要とするのは、英語にチャレンジーするあなたの勇気です。

2014年

4月

04日

努力、時間、お金の賜物

英語と言わず教育を提供する方の広告は短期間で伸びることを強調しています。私もそんな文句にはたいへん惹かれます。どうせ習うなら短期間で習得したいと思うのは皆同じではないでしょうか。さて、英語の習得には相当の努力、時間そして費用がかかることは言うまでもありません。もし短期間で英語の習得が可能であれば、相当の費用を投じても手に入れたい人が後を絶たないのではないか思います。幸いなことが不幸なことか英語力は費用だけでは習得できません。努力と時間が伴ってこそ習得できる賜物なのです。

オンエアイングリッシュが提供しているオンライン英会話レッスンは受講生に短期間で英語を習得させるものではありません。英語に興味をなくすことなく長続きできるように、そしてその賜物に近づけるように一歩一歩前進するのみです。

2014年

3月

31日

新学期は英会話でスタート

オンエアイングリッシュのオンライン英会話レッスンが受講生に支持されるためにはどうあるべきか、これは英会話スクールの運営者として問い続ける命題であります。当校の場合、子供向けの英会話スクールのリトルブラウンの生徒さんが受講していることから、小学生の受講生が著しく増えている傾向にあります。ですので、小学生がより安心して英語学習の楽しさを解ってもらえるよう、引き続き気を引き締めてまいります。4月の新学期に合わせて伸び盛りの小学生の脳を刺激し、もっともっと楽しんでもらえるプロジェクトの開始です。

2014年

3月

26日

英会話レッスンと言えますか。

オンエアイングリッシュはスカイプを利用したマンツーマン英会話レッスンを提供しています。一言で言えば、オンライン英会話スクールというのがビジネスモデルになります。でも、オンエアイングリッシュは何屋さんですか?と聞かれると、少々話が長くなります。なぜかと言うと、日本で大手と呼ばれるオンライン英会話サービスを提供する事業者の場合、どうも英語教育にかこつけた出会いサイトという印象をうけるからです。アルバイト講師を並べて、好みの講師を選択させて英会話レッスン予約をさせるシステム。はたしてこれで英会話レッスンができるだろうかと疑問に思えてなりません。

そんな反動から始めたのがオンエアイングリッシュのオンライン英会話レッスンです。英語教育のプロフェッショナルをめざす講師を正規雇用して、十分なトレーニングをうけさせます。その後、学校システムを採用して、生徒さんとレッスン時間をきめて信頼し合えるなかで英会話レッスンが行われる。これがオンエアイングリッシュが考えている英会話スクールのあり方です。リアル英会話スクールであろうが、オンライン英会話スクールであろうが関係ありません。

2014年

3月

24日

プロフェショナルと英会話レッスン

オンエアイングリッシュの英語講師は全員プロフェッショナルのフィリピン人です。フィリピンの現地オフィスにてオンライン英会話レッスンを丁寧に対応してくれています。皆さんは、フィリピン人の英語講師というとどういうイメージでしょうか。おそらくネガティブなイメージをもっている方が多いと思われます。実は私もそう思っていました。格安のオンライン英会話を掲げている多くのオンライン英会話スクールはフィリピン人の講師が対応しているのが現状です。理由は人件費が圧倒的に安いからです。これが最も重要なポイントなのです。

私がフィリピンに渡ってこの身をもって感じたのは、フィリピン人の英語力はピンからキリまでであること。英語教師の志を持っている方たちを正規雇用すれば、格安でありながら高いクオリティーのオンライン英会話レッスンを提供できるという信念でした。その信念から丸2年、開花を待つつぼみのようなそんな気持ちでいっぱいです。

2014年

3月

20日

英語習得は英語環境から

日本で英語を習得するのはかなり難しいと言われています。私もそう思っています。これは日本だからと言うわけではありません。英語圏ではない他の国の事情も変わりはないと考えています。要するに外国語の習得は時間と努力の産物であり、容易なことではありません。

では、英語を習得する、もしくは子供に英語を習得させるためにはどうすればいいでしょうか。まず言えるのは英語の環境に身を置くことだと思っています。日本語を使えなく英語でコミュニケーションを取らざるを得ない環境こそ英語習得の近道なのです。このような英語環境を提供できるかどうかが英語教育に携わっている方々には大事であります。同じくこのような英語環境に耐えて辛抱できるかが英語習得を希望する方々に求められています。

2014年

3月

19日

小学生からオンライン英会話レッスン

オンエアイングリッシュのオンライン英会話レッスンは小学生からを対象にしています。さらに英語学習歴のある子供を対象にさせて頂いております。お母さんがみてあげるということが条件になります。お申し込みを頂いた時点で、その基準をクリアしていなければお断りをさせて頂く場合があります。兄弟であっても小学に上がる前まではお断りしています。厳しいと言われるかも知れませんが、お子様に受講させたい保護者の方の期待に応えるためには、相互タックルを組み、前進するしか方法はありません。オンエアイングリッシュが大事にしたいのは限られたリソース、つまり受講生の時間、お金そして限られた英語教師、教えられる生徒数であります。これについては信頼関係がうまれればどうということはありません。子供自ら進んで英会話レッスンを楽しく続けられるようになりますから。

2014年

3月

17日

楽しいから続けられる英会話スクール

先週リトルブラウンのオンライン英会話レッスンの光景です。教室のレッスンが終わったら場所を変えてマンツーマン・オンライン英会話レッスン。集中して学んでいる生徒の姿は見ている側も幸せを感じさせます。年齢は関係ありません。目的もそれぞれです。でも生徒さんが口をこぞっていうのは楽しかったということです。英会話レッスンを受けていて、毎回楽しいと思ってもらえること。これがオンエアイングリッシュの人に知られたくない企業秘密と言わざるを得ません。といいながら、思い切ってばらします。下の条件さえ満たせる英会話スクールに巡り合えば、毎回楽しいと思われる英会話レッスンが受けられます。①生徒の英語力を理解して伸ばしてくれる先生。②学費が負担にならない。③長期的にサポートしてくれる学習システム。

2014年

3月

14日

Hay fever

最近、花粉症に悩まされています。鼻水を垂らしてくしゃみが止まらず、目がかゆくて薬なしでは眠れません。そのことをフィリピンのジェス先生に伝えようとしたら、花粉症を何といえばいいかわからずだらだらと説明をしていたら、「Hay fever」とすぐ教えてくれました。さて、花粉症がどれくらい大変かをジェス先生に説明したら、信じられない顔をしていました。まさかそこまでひどいとはと思っていたのでしょう。こんな季節になると、フィリピンの海がますます恋しくなります。

2014年

3月

13日

真の英語教育

英会話スクールの「リトルブラウン」、スカイプを利用したオンライン英会話スクールの「オンエアイングリッシュ」ともにメインターゲットを小学生に考えています。その理由は英語学習の成果が分かりやすく、英語学習が楽しくなり、より頑張れるようになるからです。人間の成長過程の中でもっともの言語能力が伸び、好奇心が旺盛なのかもしれません。

さて、わが子にもっともっと英語を勉強させてほしいと思っている保護者の中には、「もっと難しいテキストを使ってほしい。」と注文をつける方がいます。その理由を聞くと、「他のスクールではもっと上のテキストを読んでいた。」というのです。こんな場合、生徒は暗記した会話と意味も分からずロボットのようにただ読むというケースがよくあります。本当に困ったものです。とはいえども、私たちの「リトルブラウン」、「オンエアイングリッシュ」にお任せいただければ、子供の将来を考慮した英語教育をお届けします。これが私たちの存在価値ですから。

2014年

3月

12日

英語の早期教育について

英語の早期教育に関心は高まっているものの、賛否世論があるようです。近くで子供の言語習得過程を見ている私としても、一概には言えないというのが正直な結論です。要するに子供それぞれ能力や環境が違うので、早まって結論付けるのは理にかなっていません。

自分の子供に英語の早期教育をうけさせたいと考えている親であれば、まず親としてサポートできるか、わが子が受け入れられるかを冷静に判断すべきです。親としてサポートなしにスクール側に丸投げしてはお金の無駄遣いに他なりません。つまり親の態度や考え方次第でその子どもの英語習得の度合いが決まってしまうと言っても過言ではありません。これが統計で言う遺伝的な要素として集計されるのではないかと思います。

2014年

3月

11日

英語教育にも改革が必要

20年も30年も前ですが、私は少なくとも若者は皆英語で会話ができるようになるだろうと思っていました。当時も様々なところから英語の重要性を呼びかけていましたから。アメリカなど英語圏に留学する人も結構多かったと記憶しています。さて、現状はどうでしょうか。英語はそれほど上達しているのでしょうか。私はそう思いません。大して変わりはないと思っています。一体どうして日本人の英語はよくならないのでしょうか。

まず考えられるのは、英語学習のやり方が30年前と変わりやしません。30年前もそれなりに英語学習に力を入れていましたし、今も変わらず当時のやり方を踏襲しているから結果は大して変わりやしません。学校の英語教師は英語の分析は得意だけど、ろくに話せない方が大半です。また教師は英語が話せても学校の英語指導の方針が30年前のままということもあるかもしれません。

ではどうすれば理想とする英語教育に近づくことができるでしょうか。まず受験制度の抜本改革が必要だと思います。それから小学校から行われている英語教科を徹底的に見直し、カリキュラムを見直す必要があります。今はカリキュラムと言えるほどのものがなく、200単語レベルとかの大雑把な目標になっているのではないかと思われます。また、小学校の英語クラスにフォニックスを指導できる教師が必要です。これらは今すぐにでも手が打てる施策ではないでしょうか。

2014年

3月

10日

学ぶことに意味あり

英語が好きになり、貪欲に英語を吸収していく子供たちを見ていると、思わず私の口元が緩んできます。近くでこういう光景が見られるのは幸せです。さて、英会話スクールを運営する者として、こうしてブログを通じて楽しい英語学習方法を伝えていますが、私が本当に伝えたいのは英語に限った話ではありません。人生において学ぶという意味や楽しさを知ってもらいたいと思っています。その学びに中に英語が一つあればいいのです。英語を習う目的はそれぞれですが、慣れない英語を使って自分の意思表現をしようと懸命に努力する姿には年齢問わず脱帽してしまいます。

2014年

3月

03日

オンライン英会話講師は美人

先週の金曜日、リトルブラウンの教室レッスンが終わり、場所を変えてオンエアイングリッシュの英会話レッスンを受けているカノコちゃん。英語学習に貪欲になってきたとお母さんが言ってくれました。カノコちゃんは小学2年生ですが、リトルブラウンにはカノコちゃんのような小学2年生の割合が高いです。この時期が自分は何に向いているのかが分かってくる時期かも知れません。カノコちゃんのオンライン英会話レッスンを近くで見ていたお母さん、「先生たちが皆美人ですね!」と一言。思わず私も笑ってしまいました。はっきり言って、そんなことは全くありません。でもオンエアイングリッシュの先生たちがカッコいいのは本当です。きいてはないのですが、オンエアイングリッシュの先生たちの机には鏡が置いてあります。常に笑顔で受講生に接していきたいと思っているのでしょう。鏡をのぞきながら顔をチェックしている先生たちは、授業の準備もしっかりやっています。見ぬふりをして私がちゃんとみています。

2014年

2月

28日

おめでとう、シュン君!

リトルブラウン創業当時から通っているシュンという生徒がいます。今日リトルブラウンのレッスンが終わって、そのままオンエアイングリッシュのオンライン英会話体験レッスンをうけることになっています。彼はこの春中学生になりますが、嬉しいことに山手にある志望中学に合格しました。中学受験を理由に英語から離れる生徒もいる中、こんな話を聞くと何だかほっとします。シュン君は今でもリトルブラウンに来ることを楽しみにしているとシュン君のままに言われて何だか嬉しくなりました。

シュン君は小学2年生の時からリトルブラウンに通い始めました。素直でよく笑い、集中力のない少年でした。英語学習についていうと、どうも長続きしそうには見えない子でした。が、見事そういう先入観を打ち破るかのように彼は英語学習のスピードを落とすことなくコンスタントに成長してきたのです。受験勉強に捉われず、好きなことを楽しんでやっている姿に見ている側も応援したい気持ちになります。やはりそういう子供にはそうさせたお母さんがいることは言うまでもありません。

2014年

2月

27日

英語をモノにする発想

英語習得を希望する受講生をお手伝いしながら、壁にぶつかることがあります。小学4年の受講生が5年生に上がるタイミングで、塾の勉強を優先するために英語学習は当分休みたいという時がそれです。塾も競争が激しくなるばかりで、生徒の囲い込みなどを強化しているのではないかと思われます。

私が英語教育、特に子供向けに英語教育を提供したいと思ったのは、学習したことを実生活の中で活用できる喜びを感じてもらいたいからです。それによって子供自ら学習意欲が湧きおこるようになります。そういう意味で、英語学習に気を重くすることは全くありません。週1回でも決まった時間を自分の先生と英会話を楽しむ程度でいいと考えています。これを実現するのにオンエアイングリッシュのオンライン英会話レッスンは最適です。オンライン英会話が受験勉強に加えて重荷になるのではなく、気晴らしになれるし、むしろ自信につながるのです。これくらいの発想ができるかどうかで、人生において英語をモノにするか英語に悩まされるかが決まるのではないかと考えています。

勉強が得意ではない子供に一層英語を進めたいケースもあります。将来それぞれ人生において期待される学習効果を考えると、英語が最も高いと考えられるので、英語だけにリソースを集中させることです。これで勉強が不得意な子でも英語だけは自信があると言えるようになれば、すでにこの子は勉強に不得意な子ではなくなります。むしろやればできる子になっていることでしょう。もちろん今英語学習に興味を持っているという前提の話です。

2014年

2月

26日

英会話レッスンの実証実験

オンエアイングリッシュのオンライン英会話レッスンの受講生の多くはリトルブラウンの生徒さんです。教室レッスンに加えて、マンツーマン英会話レッスンをオンライン上でやってもらっています。この二つを組み合わせたハイブリッド・レッスンの効果には実に目を見張るものがあります。この実証実験の結果に基づいて、この春からは一層オンライン英会話レッスンの普及に力を入れたいと思っています。

2014年

2月

25日

格差解消へ

何のために英語を学習すべきか?自分の経験をを見つめなおし整理してみました。あくまでも個人的な経験や考え方に基づいていることをご了承ください。学校教科の中で人生に一番大きな影響を与える科目は、英語ではないかと思います。受験、就職活動、そして転職などの社会生活においても英語は最も重要な武器になります。コミュニケーションスキルとか人生に向き合う態度がもっと重要ではないかという異議を立てる方もいるでしょう。でも考えてみてください。コミュニケーションスキルとか態度などは学校教科には入っていません。むしろ家庭教育の範疇に入ります。

長い間、香港に駐在していた方から聞いたら、意外と香港でも英語が話せない人が多いというのです。理由は教育の差、もう少し突っ込んでいいますと、お金の有無で明暗が分かれると言います。そういえば、オンエアイングリッシュのオンライン英会話教師たちについても全く同じことが言えます。有名私立校の出身者揃いで英語力はトップレベルですから。皆口をそろって高額の学費を払っていたと言っているのです。

人それぞれのお金事情がありますが、それによって格差が広がるというのは、良いことではありません。限定的ではありますが、オンエアイングリッシュのオンライン英会話レッスンがより多くの地域、方々に支持され、愛用され、格差解消に少しでもお役にたてればこれより嬉しいことはないとつくづく思います。

2014年

2月

24日

オンライン英会話レッスン

オンエアイングリッシュはオンライン英会話レッスンサービスを提供しています。英会話レッスンを担当してくれている先生たちは、オンエアイングリッシュ・フィリピン法人のオフィスで勤務しています。ビデオ電話ソフトであるスカイプを利用した英会話レッスンであるため、先生はそばにいるかのように感じられますが、実はフィリピンからインターネットでつながったバーチャル空間で英会話レッスンを行っているわけです。バーチャル・英会話レッスンと言っても想像がつかない方がいらっしゃると思いますので、先週金曜日に撮った写真をポスティングしておきます。上はフィリピンにいる先生(写真はスカレッド先生)たちの英会話レッスン光景になります。実は先生の机の上には英会話レッスンの時に使われる単語カードや写真など様々なものがおいてあります。先生自作のものがほとんどです。受講生のレベルや目的に合わせたレッスンを準備することで、無駄のない充実したレッスンができるというわけですね。

2014年

2月

21日

教室レッスンとスカイプ英会話レッスンの組み合わせ

スカイプ英会話サービスが日本で受け入れたのは、圧倒的に授業料が安いからです。スカイプ英会話が安く提供できる理由は次の二つです。フィリピン講師の人件費が安いことと教室という物理的な空間が要らないこと。これによって、マンツーマン英会話レッスンでありながら通常の英会話スクールのグループレッスンよりもはるかに安く英会話レッスンが受けられるので、受講生はスカイプ英会話に魅力を感じるわけです。

さて、スカイプ英会話サービスを提供する立場から正直に言いますと、スカイプ英会話は面と向かって行う英会話とは多少性質が違うものだと考えます。つまり二つのサービスは競争関係ではなく、補完関係にあると考えているのです。私がこれに気づいたのが、3年前のことです。ちょうど斬新な子供英会話スクールのリトルブラウンを設立して2年が経った頃でした。週1回の50分レッスンという限られた時間に生徒の英語力をつけてあげるのは容易なことではありません。どころが、生徒たちが次第に英語に興味を持ってくれ、もっともっと英語でしゃべりたいというやる気を出している光景を目の当たりにして、私は居ても立ってもいられませんでした。これで躊躇することなく、頭で構想ばかりしていたスカイプを利用したオンライン英会話スクールであるオンエアイングリッシュを設立するに至りました。こうしたことによって、リトルブラウンの生徒たちは教室のレッスンとスカイプ英会話レッスンを組み合わせる、いわゆるハイブリッドタイプの英会話レッスンが受けられるようになったのです。

2014年

2月

20日

子供の習い事

今の子供は習い事が多く、親として子供の教育費負担は結構重いものがあります。私も2人の子供を育てているのでよく分かります。では子供の習い事を減らせば教育費負担が軽減されていいのかというと、そうはいかないのではないかと思います。子供の習い事を決めるのは、両親であります。要するに両親は自分の子供の素質や期待などを考慮の上で習い事を決めているし、スクール選びをしています。ですから子供の習い事を決めた時点で、両親は教育費負担に覚悟をしているのです。

さて、子供にさせた習い事に期待していた成果が見られなかった、もしくはかけた教育費に見合わない結果に留まってしまったらどうでしょうか。これは結果的に金銭的な損をしてしまったことで終わる話でありません。物事について一番吸収力の旺盛な子供の大事な時期、時間までをかけているのですから。そういう意味で、子供の習い事についてもっと慎重に考えるべきではないかと思います。子どもの英会話スクールのリトルブラウン、オンライン英会話レッスンを提供するオンエアイングリッシュを運営している私は、それぞれに最高のコスト・パフォーマンスを出すことで、受講生または両親の皆様の期待に応えたいと日々思っています。

2014年

2月

19日

英会話レッスンのクオリティーを高めるために

オンエアイングリッシュがターゲットとしている客層はどちらなのか、と質問されることがあります。ターゲット層は小学生と言いたいところですが、小学生から50代までをターゲットとして考えています。ターゲット層をこれ以上絞れないのは理由があります。小学生がオンライン英会話レッスンを受けられるのは、大体午後4時から8時までの間になります。営業時間が4時間だと英語講師を正規雇用することができず、パートの講師にお願いするしかありません。パートの講師だと、正規講師の品質と比べ物にならないのです。オンエアイングリッシュの場合、学生さんと社会人(受講生のお母さん、ビジネスマン)を取り組むことで営業時間を増やし、正規雇用の講師を確保しています。講師は決まった時間にオフィスに出社してオンライン英会話レッスンの準備をし、大体1日5時間程度のレッスンをこなしてくれています。空き時間には振替レッスンや無料体験レッスンなどをやってもらっています。講師に働きやすい勤務環境を提供することで、優秀な講師が確保でき、英会話レッスンのクォリティーを高めることができるのです。これがオンエアイングリッシュのオンライン英会話レッスンの強みです。

2014年

2月

18日

オンライン英会話サービス事業者

オンライン英会話レッスン、スカイプ英会話というと想像がつかないというおっしゃる方が多いです。それもそうですよね。英語の会話を誰とどうやって?と聞きたくなるのも分かります。と言いながらもオンライン英会話というインターネットを利用したサービスは、インターネットの普及に伴って私たちの生活に浸透しつつあるのです。今はオンライン英会話サービス事業者の淘汰が進んでいると言われているほどですから。まずオンライン英会話サービスに欠かせないのが、「英会話講師」と無料ビデオ電話ソフトの「スカイプ」です。英会話講師は人件費と英語講師の資質を考えるとフィリピン居住のフィリピン講師が大半を占めます。スカイプは世界でいちばん使われるビデオ通話ソフトであり、インターネットさえつながれば無料で誰でも利用できます。

さて、何でオンライン英会話サービス事業者の数がこんなに増えてきたのでしょうか。私見を申し上げますと、「英語教育事業をやってみたい」と「店舗などの初期投資が要らない手軽さ」でオンライン英会話サービス業への参入が急激に増えてきたと考えられます。その裏には人件費の安いフィリピン人講師を抱え、スカイプ英会話レッスンだけを提供する外注業者がいる場合があります。要するに表向きはオンライン英会話サービス事業者ですが、裏の英会話レッスンは外注業者頼みになるわけです。こういう場合は本質的に英会話サービス事業者ではなくブロッカーというべきです。オンライン英会話サービス事業者の淘汰はブロッカーからはじまっていると考えています。

2014年

2月

17日

努力は裏切らない。

今日もソチオリンピックの話題になります。15日に41歳の葛西紀明選手がノルディックスキーのジャンプ男子個人ラージヒル銀メダルを獲得しました。今回がオリンピック7度目の選出であり、冬季オリンピックでは世界でも史上最多出場となるそうです。葛西選手の喜ぶ姿をみて私もうるんだ目になりました。葛西選手はインタビューの中で、「努力は裏切らないということが証明できて、嬉しいです」と言っていました。その通りだと思います。口で言うのは簡単、でも身をもって証明してくれる人がいるからこそ、私のような人間は感動し、勇気づけられるのです。葛西選手、銀メダル獲得おめでとうございます。そのコトバ有難うございます。

私も自分でやり遂げようと取り組んでいる子供向け英語スクールやオンライン英会話サービスに、初心を忘れることなく一層の努力を重ねてまいります。努力は裏切らないと信じていますから。

2014年

2月

14日

オンエアイングリッシュの営業時間

私たちオンエアイングリッシュのオンライン英会話レッスンは平日午後4時より夜の12時まで、土曜日は朝9時より15時までご利用いただけます。他社の大手が提供しているような24時間英会話レッスンではありません。早朝レッスンもございません。結果としてパートの教師は一人もいません。オンエアイングリッシュは正規教師ばかりであり、それ以外の職種さえ一人もいません。

なぜこんなに制約のあるオンライン英会話サービスを提供しているのか、と聞いてくれる方がいます。結論から言いますと、オンライン英会話レッスンのクオリティーを最も高めたいからです。考えてみて下さい。レッスンのクオリティーはどう担保されるのでしょうか。第一、教師が最も重要なファクターです。最高の教師を確保するためには、給与、労働時間、オフィスなどの勤務条件を満たさなければなりません。優秀な教師ほど未明もしくは早朝には働く気になりません。第二、受講生が重要だと考えます。受講生の場合、英語学習意欲があるのかどうかがポイントになります。もし教師が可愛いから受講するという人がいたら、レッスンを中止してもらいます。これがオンエアイングリッシュのスクールポリシーです。

2014年

2月

14日

ささやかな出来事

昨日の夜10時ごろ、ある方よりオンライン英会話レッスンのキャンセル連絡をもらいました。ネットワークトラブルでもあるのかと気になってその理由を聞いたら、家のパソコンのデスクトップにあったスカイプが消されたというのです。早速パソコンの左下にあるウィンドーのアイコンをクリックしてプログラムとファイル検索のところに、「Skype」と打つように伝えました。そうしたら、すぐ見つかったと喜んでくれました。おそらくスカイプのアイコンが何者かによってどこかのフォルダに入れられたようです。それから10分ほど遅ればせながらもレッスンを開始してもらいました。実はこの人は私の古き友人であり、オンライン英会話レッスンを受けているのはこの友人の中学生の長女です。友人夫婦から、居酒屋を営んでいる仕事柄でこどもの教育におろそかになっていると話を聞いたのが去年の4月。それ以来、娘さんはオンエアイングリッシュのオンライン英会話を受講することになったのです。今は担当の先生と仲良しになり、とても楽しく英語学習に励んでいると友人からも感謝してもらっています。

2014年

2月

13日

続けられる英会話スクールとは?

何かを習おうとするとき、私たちは少なからずストレスを感じます。必要性に迫られると緊張がうまれて体が覚えようとするため、ストレスがたまるのではないかと考えます。そういう意味でストレスは学習過程の中でとてもいい役割を果たしていると思われます。しかしこの緊張感を維持することは容易ではありません。人間の脳はどんなことにでもすぐ慣れてしまい、緊張感を取り除いてしまうからです。結果、習い事につまらなさと感じてしまい、あきらめてしまうことがしばしばです。オンライン英会話のオンエアイングリッシュはこういう人間の習性に着目しています。要するに、どうすれば英語学習を効率よく続けさせることができるのか、を常に意識しているのです。その成果として、他社に知られたくないノーハウというものをたくさん蓄積することができました。最も重要な要素を一つだけ明かしますと、受講生に英語力が向上していると実感してもらえることです。そうなれば、受講生自ら英語を習うモチベーションが持てるので、あきらめることなく長く続けられるのです。受講生に向上していると実感してもらうには?ここでは絶対言えませんが、オンエアイングリッシュの受講生の定着率がその事実を裏付けています。

2014年

2月

12日

挑戦の意味

皆さん、ソチオリンピックをみていますか。先週上村愛子選手のオリンピックメダルへの5回の挑戦には目が離せませんでした。私は上村選手がメダルに手が届くかどうかよりも、オリンピック5回出場、20年間挑戦し続けた上村選手に敬意を払いたい気持ちで一杯でした。結果的にメダルは取れませんでしたが、上村選手らしい素晴らしい演技、滑りを見せてくれました。上村選手のこぼれる涙、笑顔に大きな感動を頂きました。

どうして人間は挑戦をするだろうか、昔からの私の素朴な疑問でもあります。私は、人間は存在意義を求めるつよい欲求をもっているためだと考えています。そういう意味で私は、みなさまが英語を通じて、より豊かな生き方を送れるようにしたい、そんな仕事に携わっていければ何より幸せです。それが私の存在意義になります。英語に挑戦する方々に、オンエアイングリッシュのオンライン英会話が力になれるように引き続き努力を重ねていきたいと思っています。

2014年

2月

11日

スカイプ英会話レッスンのイメージ

昨日、Mさんがリトルブラウンを訪ねてオンエアイングリッシュのオンライン英会話レッスンの相談をされたと聞いてとても嬉しかったです。Mさんはリトルブラウンを開校して間もない頃、娘さんをリトルブラウンに通わせていました。Mさんが車で娘さんの送り迎えをしていましたが、事情あってリトルブラウンを止めることになったのです。私はMさんの娘さんがやめたことを契機に、通学の要らない英語教育サービスを模索し始めました。それから1年間の試行錯誤を経て、オンラインイングリッシュのオンライ英会話サービスを提供する運びとなりました。インターネットのビデオ電話ソフト「スカイプ」を利用し、リトルブラウンの個人レッスンの品質をオンエアイングリッシュのオンラインレッスンで再現するという大胆な発想だったのです。

偶然1年前に横浜のスイミングスクールでMさんにばったり会いました。その時、私はMさんにオンエアイングリッシュのオンライン英会話サービスについてお話をしましたが、Mさんに興味を持ってもらうまでは至りませんでした。それがどういうわけか、昨日オンエアイングリッシュの相談に来てもらったわけです。創業当時からリトルブラウンに通っている友人よりうわさを聞いたらしいです。「こんなオンライン英会話サービスだなんて全然知らなかった。」とMさん。あ~あ、やはり口頭ではオンエアイングリッシュの良さが伝わらないのかと、反省です。

2014年

2月

10日

フィリピンについて

先週に続き、フィリピンのお話をさせていただきます。フィリピンはカトリックの国です。国民の多くはカトリック信者であり、まちには由緒ある教会がよく見かけられます。が、若者の宗教離れは進んでいるようです。オンエアイングリッシュフィリピン法人の講師たちの中にも、カトリック信者といいながら週末のミサにも参加しない人が多いですから。フィリピンの言語はタガログ語が母国語であり、学校教育では英語が使われています。フィリピン人の英語には独特のアクセントがあると感じられるのはおそらくタガログ語の発音の影響だと思います。フィリピン人はタガログ語を母国語にしながら学校教育を英語にしても受け入れられるのは、タガログ語の語順が英語に似ているからだそうです。フィリピン人は気さくでやさしいので英語が話せばフィリピン生活には困らないと言えるでしょう。

一つ、勘違いしてはいけないので付け加えますが、英語が話せるのと英語教師ができるというのとは全く違う次元の話であります。ということで、オンライン英会話レッスンを希望する賢明な方なら、アルバイト感覚の講師なのか、プロの志をもった講師なのかをよく見極める必要があります。日本には数多くのオンライン英会話サービス事業者が乱立しています。そのため、スクール選びにも迷ってしまうのが現状です。少数精鋭のプロの英語教育指導者集団、これがオンライン英会話レッスンを提供するオンエアイングリッシュの生命線といえます。

2014年

2月

07日

素朴な夢

みなさま、おはようございます。今日も厳しい冷え込みになりましたが、いかがお過ごしでしょうか。春も近い2月というのに、冬将軍の勢いはますます厳しさを増しているこの頃です。くれぐれも体調管理には気をつけて下さい。さて、こんな寒い季節だと、夏が恋しくなりませんか?去年の今頃そんなこんなでフィリピン法人のオンエアイングリッシュに行って来ました。フィリピン法人のある所は最低気温24度、最高温度32度、湿気も高くなくとても過ごしやすかったです。オフィスでは先生たちのオンライン英会話レッスンのモニタリングをし、改善点を語り合いました。思ってもなかった様々なアイディアがたくさん出て私も興奮気味、先生たちの情熱に胸を打たれたことは今でも忘れられません。仕事のない時には海に行っていました。タクシーに乗って30分ほどのところにきれいな海が広がります。そこから手漕ぎボートに乗り、15分のところにリゾートビーチがあるのです。ここでマンゴジュースを飲みながら、南島国の歌を聴いていると、なんてパラダイスなのだろうと思えてなりません。フィリピンは年に数回は行っていますが、やはり今のような寒波に見舞われる時期に行けば、そのコントラストがまた気持ちいいのです。いつかはオンエアイングリッシュの受講生たちと一緒にオンエアイングリッシュフィリピン法人を訪ねたいと考えています。その時はオンライン英会話レッスンではなく、面と向かっての個人レッスンになるのでしょう。そういえば、その逆のパターンも考えています。フィリピンにいるオンエアイングリッシュの先生たちを日本に招待するプランです。素敵だと思いませんか。願えば叶う!私はそう願っています。

2014年

2月

06日

無料体験レッスンについて

通常の英会話スクールまたはオンライン英会話スクールともに無料体験レッスンを提供しているところが多いです。もはや無料体験レッスンは生徒獲得の入り口になっているようです。私どものオンエアイングリッシュは、レギュラーレッスンと同じ環境で1回に限り無料体験レッスンを提供しています。レギュラーレッスンと同じ環境とはどういう意味かと言いますと、無料体験レッスンの担当先生(My teacher)がレギュラーレッスンに移行しても担当先生になるという意味です。無料体験レッスンを受けて満足されない方にオンエアイングリッシュのオンライン英会話を勧誘することは一切ありません。私どもは無料体験レッスンとはレギュラーレッスンとの延長線上にあると考えています。少数精鋭のオンエアイングリッシュの先生たちは毎日毎時間真剣勝負です。ですから私どもは真剣に英語学習を考えている生徒さんを求めています。生徒さんが英語力の向上を実感してからこそ、オンエアイングリッシュの存在意義があるのですから。

さて、寒波の到来で厳しい寒さが続く中、くれぐれもお体に気をつけて下さい。また今日の無料体験レッスンをひかえている方!緊張しないでレッスンを楽しんでください。オンエアイングリッシュのオンライン英会話レッスンには程よい緊張感、暖かさがあります。これが私どもの真剣勝負の核心です。

2014年

2月

05日

楽しいと感じる英会話レッスン

今朝の日本工業新聞に面白い記事が載っていました。「英語力と経済成長が関係、東南アではインドネシア首位」という記事でした。英語教育機関のEFの調べによると、過去6年間で英語力が大幅に上昇した国は、東南アジアではインドネシアが首位、2位はベトナム、日本は上昇せず微減だそうです。英語力が上昇したから経済成長がみられたのか、経済成長があって英語力も上昇したのか。私はむしろ後者だと思いますが。

さて、英語を学ぶ皆さんの主な目的は何でしょうか。私がオンエアイングリッシュを通じて伝えたいのは英語学習の楽しさです。最近流行のパソコン向けの英語学習コンテンツや学校での英語教育、それから学習塾での英語勉強といった、点数中心の弁別教育から一線を画した、英語本来の耳と口で覚える英会話レッスンサービスを提供したいと願っています。オンエアイングリッシュの先生(My Teacher)たちと週1回のオンライン英会話レッスン、これだけでも英語学習の楽しさが十分伝わってくるはずです。

2014年

2月

04日

留学はその準備が大事である。

時代はいつも変わってきますが、今の時世は変化のスピードがますます加速しています。時代に遅れないようにパソコンや先端の機器に触れているつもりですが、もはやそのスピードにはついていけないなと感じています。楽しさよりやらねばという義務みたいな感覚でしょうか。

さて、今朝は留学について考えてみました。語学留学であれ、専門学位をとるための留学であれ最初にぶつかる大きな壁は英語になります。英語圏に留学をした場合、日常生活や目にする看板、表示の全てが英語学習にはもってこいの環境が整っています。そのため大金をかけてでも留学の途につくのではないでしょうか。さて、数年間留学生活を送っても英語に自信がないという方々が多いことに驚きます。これはどういう意味でしょうか。まず、英語の習得までは長期間を要すると考えられます。その次に英語圏に行ったからといって英語が伸びることではなく、学習意欲をもって英語を吸収する努力をしなければいけないと考えられます。

では、効果的な留学生活を送るためにはどうすればいいのか。それは留学の準備に全てがかかっていると言っても過言ではありません。その留学の準備に、オンエアイングリッシュのスカイプ英会話レッスンがお役に立てたら嬉しく思います。オンエアイングリッシュの生徒の中には、横浜のインターナショナル・スクールの学生も何人か受講をしています。

2014年

2月

03日

オンエアイングリッシュは理想の英語教育を追求します。

英語を学習する手段や媒体は本当に様々です。でもそのほとんどはすぐ飽きてしまうのです。飽きずに英語が習得できたという方もいますが、相当意志の堅い方であるに違いありません。英語学習をサポートしている私としては、飽きずに続けられる英語学習法を常に工夫、提案、そして実践しています。

その第一歩として、私たちは教室英会話レッスンやオンライン英会話レッスンをモニタリングし、生徒の反応を確かめながら効果のあったティーチング・メッソードを教師たちと共有してノウハウを蓄積しています。これによってオンエアイングリッシュの教師たちは指導者としてのモチベーションを高めることができ、さらに英会話レッスンにも磨きをかける結果につながります。英語学習が、苦痛でやらなければいけないものではなく、末永く付き合えるお友達のように思ってもらえるそんな英語教育サービスを夢見ています。

英語に興味を持ちはじめた小学生のお子様をもっている方、将来を考えている大学生の方、英語を習得するために頑張ったけど諦めがついた方。オンエアイングリッシュとの出会いで人生変わることもありますよ。

2014年

1月

31日

学ぶ行為と尊敬

オンエアイングリッシュのオンライン英会話サービスのターゲット層はどちらなのか、聞かれることがあります。正直メインターゲットを限定しているわけではありませんが、小学生お子様のあるファミリー層がメインになっています。親子ともに英語にチャレンジーする。それをかげで支えることができて私自身とても幸せに思っています。

さて、オンライン英会話レッスンは面と向かってレッスンを受けることではなく、パソコンのビデオ電話形式でレッスンを行っています。そのため子供の場合だと、集中しないで時間つぶしになってしまうことも懸念されがちです。オンエアイングリッシュの場合、受講生の中でレッスンを嫌がるもしくは時間つぶしにやっている受講生がいたら、直ちに保護者の方にその旨を伝えて注意してもらえるように連絡をしています。それでも直らなければレッスンを中止するよう、講師に徹底しています。なぜそこまでやるのかというと、オンライン教育であれ学校教育であれ、学ぶ行為には少なからず「尊敬」の気持ちがなければいけないと思うからです。それがオンエアイングリッシュも生徒を選んでいる理由であります。そのため、私も尊敬される講師を採用して講師達にやる気を出してもらえるよう、日々頑張っています。

 

2014年

1月

30日

リトルブラウンにてオンライン英会話レッスン

100%英語によるレッスンを提供している英会話スクール「リトルブラウン」では、教室のレッスンだけでなく、オンライン英会話レッスン専用のブースを設けてOne to Oneオンライン英会話レッスンを受けられます。教室レッスンが終わった生徒さん、教室レッスン中のお子様を待っている合間にオンライン英会話レッスンを楽しむママさんが、それぞれがオンエアイングリッシュのMy Teacherと無駄のない英会話レッスンを楽しむことができるのです。インターネットさえつながれば日本全国どこでも、英会話にチャレンジーする勇気があれば、あなたにぴったりの英会話レッスンがすぐそこにあります。オンエアイングリッシュのMy Teacherならその夢をかなえてくれます。オンエアイングリッシュは英会話教育のプロ講師だけにこだわっています。それによって生徒の数を限定することもありますので、その点ご了承ください。

2014年

1月

29日

少数精鋭のプロの集団

オンエアイングリッシュの講師は少数精鋭のプロの集団です。講師が少人数であるので、受講生を大幅に増やすことはできません。なら、講師を増やせばいいのではないかと思われがちですが、そう簡単ではないというのが私の正直な考えです。オンエアイングリッシュに限った話ではないのですが、教育事業の場合、大量生産、大量消費とはかけ離れた世界だからです。ある意味でオンエアイングリッシュは、大量の講師を抱えて、好きな講師を選ばせる、スケールメリットを追求するオンライン英会話サービス業者とは正反対のところが最大のメリットかも知れません。その結果、受講生の定着率が高くなっているのかなと思われます。

2014年

1月

28日

習い事、学ぶ姿勢について

去年の夏、息子が6年間習ってきたピアノをやめたいと言いだしました。ピアノ練習を怠り、先生からも注意を受けることが多くなってきたので、長く続かないのだろうと分かっていました。もう少し頑張ってくれればいいのに中途半端で終わるのではないかと、とても残念に思いました。正直6年間の時間とお金がもったいないと思えてなりませんでした。でも本人がやめると決めった以上、親が続けさせることは出来ません。今息子はバスケ―に夢中になっています。成長期の子どものある家庭では私のようなケースが多いのではないでしょうか。

さて、長く習ってきたことをやめれば、習ったことやその時間、費用は無駄になってしまうのでしょうか。私はそう思いません。何も習わないよりは、途中でやめたとしても習うことが何倍何十倍もマシだと思っています。なぜならば人生は一生学ばなければいけなく、その楽しさや醍醐味にはやく気付いてもらうことが一番得することだと思うからです。そういう意味では、オンライン英会話をサポートする私の仕事も、一生学ぶ楽しさに気付いてもらえるよう、働きかけをしていかねばならないのかな、と思います。まずは自分から実践をしてまいります。

2014年

1月

24日

知的好奇心を刺激する教育

英会話スクールの「リトルブラウン」を開校しようと決心した時、またオンライン英会話スクールの「オンエアイングリッシュ」を開校しよう考えた時も、「なぜ英会話スクールをやるのか?」と、私なりの理由や当為性を求めていました。その結論とはこうです。

私は二人の子どもがいます。言うまでもなく私にとってかけがえのない存在です。上の子はアメリカに留学をしていて、下の子は中学に通っています。私の時間と収入の大半はこのかけがえのない存在によって使われています。さて、これは私に限ったことでしょうか。子どものいる家庭であれば状況はそう変わらないと思います。それなら私とそう変わらない方々に、私の子どもに受けさせたい教育を提供したらどんなに素晴らしいだろう、と英会話スクールの開校を決心したのです。

では、私の子どもに受けさせたい教育とは何か。私がイメージしているのは、知的好奇心を刺激する教育のことです。知的好奇心を刺激するファクターは二つ、「楽しさFun」と「達成感Achievement」です。要するに、楽しいから続けられる→楽しく続けたら英語が聞き取れるようになった→話せるようになった、というプロセスをたどらなければなりません。

私が追求する、知的好奇心を刺激する教育の第一歩はもう走り出しました。もう止まることはありません。その進化ぶりをあたたかく見守ってください。

2014年

1月

23日

効率的な英会話学習法

英会話力というのは、一種のスキルだと思います。練習すればだれでも間違いなく上手になります。なら、どれぐらい練習すれば上手になれるのでしょうか。こんな質問になると、なかなか答えようがないのかもしれません。個人差もありますし、外国語の習得とは長い長い道のりだから一言では片付かないからです。

では、効率的な英会話学習法はあるのでしょうか。これもまた人それぞれだと思うので、一概には言えません。でも一般的、なおかつ普遍的な「効率的な英会話学習法」はあると考えています。それは、自分の夢を描くこと、それに英会話学習を関連付けること、その夢に向かって努力すること。この目標とプロセスに想像をめぐらせることで英会話学習への動機づけが可能になると考えます。つまり、動機づけが強ければ強いほど、効率はついてくると思います。オンエアイングリッシュのオンラインレッスンも皆さんにとって、効率的な英会話学習法の一つの選択肢になれたら、嬉しい限りです。 

2014年

1月

22日

大学でもオンライン英会話

オンエアイングリッシュの導入を検討している日本海に面した某大学に行ってきました。大学の関係者にオンエアイングリッシュのデモ(試演)をさせていただき、好評をいただいた手応えのある出張でした。ほっとしています。

帰りの新幹線では学生時代の昔の自分を思い出しました。ラジオ英語講座に耳を傾けたり、英会話スクールに通学しながら英会話を習っていた時期があったのです。もしその時、オンエアイングリッシュのレッスンがあったら良かったのに、とふと思いました。新幹線の車窓越しには雪景色が広がっていました。

2014年

1月

21日

理想の使い方

オンエアイングリッシュのオンライン英会話レッスンとはどんなふうにやっているかというと、見てください。リトルブラウンの教室に設けたスペースでオンラインレッスンをスタートしたばかりの3人組。最初はしぶしぶと始めたのですが、今や真剣に取り組んでいる様子がうかがえます。レッスンが終わったら、「疲れた、でも楽しかった」と口をそろって言うのです。

時間のない方は自宅でマイ・ティーチャーと英会話レッスン、英会話スクールに通っている方は教室レッスン前後にオンライン英会話レッスン。これが私の目指しているオンエアイングリッシュの理想的な使い方です。

2014年

1月

20日

教師としての使命感

かなり昔ではありますが、私も教師をした経験があります。そのため教師の気持ちがいく分理解できます。案外教師というのは、孤独な職業だなと思います。なぜかというと教師一人で生徒たちを引っ張っていかなければいけないからです。教師としてもっとも求められるのは何でしょうか。モニカの先生に質問をしたら、「Patience忍耐」だと答えてくれました。こどもに英語を教えるうえで、我慢に我慢を重ねて子供に耳を貸さないといけないというのです。

オンエアイングリッシュの教師を採用する時に、何を重視すべきかを考えました。最終面接の時には、「教師としての使命感」があるかどうかで当落を決めました。そこから選ばれたオンエアイングリッシュの教師たちだからこそ、英語学習を希望するあなたに自信を持っておすすめできるのです。受講生に支持されるオンライン英会話スクールでありつづけたいとそう願っています。

2014年

1月

17日

オンエアイングリッシュのヒストリー

オンライン英会話スクールの大手といわれる企業のウェブサイトを拝見しますと、フィリピンは英語共用語国として世界第3位の国と大きく取り上げられています。これはどういう意味でしょうか。フィリピンの国語はタガログ語であるのに、英語共用語とはどういう意味だろうと混乱していました。2年前に頭で構想していたオンライン英会話スクールのオンエアイングリッシュを立ち上げるため、フィリピンに渡ったのです。行ってみたら、フィリピンの国語と共用語との違いがよく理解できました。

フィリピンでは日常生活は国語であるタガログ語をしゃべっています。それから小学校に入ると授業はすべて英語で行われます。日本で言うとインターナショナル・スクールのような感じでしょうか。でも今までタガログ語をしゃべっていたのにいきなり英語でスイッチできるわけがありません。それで英語で授業を行うけど、最初はタガログ語が混ざることが多いようです。また学校によって大きな格差があるようです。有名私立学校の場合は、いわばインターナショナル・スクールのようないい環境である分、学費はとても高いと言われています。英語能力もとても高いです。

このようなフィリピンの現状をふまえて、オンライン英会話スクールとしてのオンエアイングリッシュの差別化は講師の品質しかないと思いました。ただ単にきれいな英語が話せるだけでなく、英語教師を夢みて、大学でも英語教育を専攻し、さらに英語教師の経験のある候補を見つけることに力を注いだのです。困難を極める中、何とか少数精鋭のオンエアイングリッシュの教師を正規雇用にこぎつけたのが、1年半前のことです。さて、困難はさらに続きがあります。

2014年

1月

16日

スカイプのバージョン

オンライン英会話レッスンをご利用いただけるためには、3つの要素が必要です。まず、インターネットにつながり、なおかつウェブカメラ付きパソコン(カメラがついてなければ外付けカメラをつける)。無料ビデオ通話ソフトウェアであるスカイプ(初めての方は、お問い合わせください)。オンライン英会話レッスン中に使うヘッドセット(ノートパソコンの場合、本体にウェブカメラがついているタイプはなくても平気ですが、あれば快適)。

ところが、上記の3つの条件をそろえても、途中で動画が止まったりしてうまくできなかったという例がまれにあります。ここでまれにといえるのは、オンエアイングリッシュは毎週全ての受講者の通話品質データを分析しているので、正確に通話品質を把握しているからです。その結果に基づき、振替レッスンを提供することも可能です。

さて、最近のお問合せにより、スカイプのバージョンをチェックすることをお勧めします。スカイプを立ち上げた後、上のメニューバーの「ヘルプ」をクリックすると、いちばん下に「Skypeについて」がみえます。これをクリックすれば、バージョンが確認できます。参考までに私のSkypeバージョンは「6.11.0.102」になっています。もし、しばらくスカイプを使ってなくて最近使い始めたら動作がおかしいと感じた方には、「コントロールパネル」の「プログラム」より、スカイプをアンインストールした後、もう一度スカイプをダウンロードしてインストールしてみて下さい。もしも、「パソコンに不慣れで出来ない!」方がいらっしゃれば、迷わずお問合せください。私が親切なおかつ分かりやすくご案内します。

じつは10年前までは私もパソコンが不慣れでこわごわとパソコンを触っていました。その後ひょっとした縁で、IT業界に転身をしたのですが、今やホームページ作成をはじめ、様々なツールを操作することができるようになりました。パソコンの操作は向き不向きというより、「なんか起ったらどうしよう。」という漠然とした不安を鎮める勇気を出せるかどうかだと思います。

2014年

1月

15日

心にも体にもメンテナンス

「寒い!」冷え込みが一段と厳しさを増しているこのごろです。エアコン嫌いの私も朝晩、エアコンをつけずには気持ちがすぐれません。さて、週末に自宅エアコンのフィルターを掃除しました。どうも風の吹き具合がいまいちで温度を上げてもあまり暖かくならなかったからです。壁についているエアコンをじっと見つめてもフィルターが汚れているかどうかよく見えません。とりあえずカバを外してみると、これはこれはホコリが厚く積もっていました。リビングのエアコン掃除が終わるや否や、すべてのフィルター付きの電気製品の点検を行いました。これといわず、あらゆるフィルターにホコリが結構積もっていました。フィルターのホコリを電気掃除機でさっと吸い込み、水を流して洗った後、外の風でフィルターを乾かすことを数回。全ての電気製品のメンテナンスを終了させたのです。フィルター掃除が終わった後のエアコンの風はとても暖かく、何だか私も幸せな気分になりました。

さて、メンテナンスは電気製品だけではなく自分にも必要であることに気がづきました。身体ではなく精神面でのメンテナンスを怠ることなく、こまめに行いたいと決心したのです。実はこのブログもその決心の成果物なのです。皆さん、お風邪など召しませんように、お体ご自愛ください。

 

2014年

1月

14日

教育事業への思い

私が教育事業に身を投げると決心したのは、自分の子を育てる中で考えさせられることが多かったからです。いつの間にか養育費に教育費、また週末などは送り迎えなどで自分の時間が持てない、子供中心の生活になっていたことに気が付きました。経済的な観点からみると、これは説明のつかない「無謀なる投資」になるかもしれません。しかし、不思議にも自分の子への投資がもったいないと思ったことはありません。今まで出来なかったことが出来たり、もっとうまくなりたいと言っている子どもをみるだけで、私も頑張らないと、と背中を押される気がしてなりません。子どもは親のお金と時間を糧に親の背中をみて成長していくのだと思います。要は人間社会の中で、子どもの教育がどれほど重要で関心が高いかを考えさせられたのです。

ということで、子ども英会話スクール「リトルブラウン」、またオンライン英会話スクール「オンエアイングリッシュ」事業への私の情熱は熱くなるばかりです。

2014年

1月

13日

英語教育にかける思い

格安のオンライン英会話サービスで儲かるのか、とストレートに聞かれるとドキッとします。率直に答えると、儲かるところかオンエアイングリッシュを設立して1年半依然として厳しい台所事情が続いています。でも心配しないでください。オンエアイングリッシュのオンライン英会話サービスを諦めることは毛頭ありません。今日はなぜオンエアイングリッシュのオンライン英会話サービスがうまれたのか、お伝えしたいと思います。

5年前、私はモニカ先生と横浜中区の本牧にて子供英会話スクール「リトルブラウン」を立ち上げました。全てのレッスンを独自カリキュラムで創り上げ、100%英語でレッスンを行う斬新な英語スクールです。かねてからの夢に向けて第一歩を踏みだしたのです。最初にリトルブラウンに通ってくれていた幼稚園生の多くは小学生になった今も通ってくれています。リトルブラウンの生徒は右肩上がりに増える一方でした。リトルブラウンの生徒は階段状のステップを一歩一歩上ってきたのです。こんなすばらしいこどもたちに、より英語を楽しくリアルな会話をしてもらえないかと模索に模索を重ねった結果、格安のオンライン英会話サービスのオンエアイングリッシュが誕生したのです。

オンエアイングリッシュのシステムの多くはリトルブラウンのそれと変わりありません。決まった時間に固定の先生(My Teacher)に英会話レッスンを受ける仕組みを取っています。教師は全員オンエアイングリッシュ・フィリピン法人にて正社員として採用したプロの英語講師です。オンエアイングリッシュの講師は安定した勤務環境の中で生徒に分かりやすい、実のあるレッスンを提供するため、日々研究、努力しています。究極のオンライン英会話レッスンはこれしかないと私は思います。 その思いが通じたのか、徐々に受講者が増えてきています。特に親子での受講者が増えていることが何よりうれしいです。無料トライアルレッスンもありますので、一度究極のオンライン英会話サービスを試してみてはいかがですか。

オンライン英会話、スカイプ英会話レッスン、英語向上を実感。だから続けられる!

オンエアイングリッシュは、英語にチャレンジするあなたを応援します!
Better English, Better Opportunities!

We are...

1.プロ意識の高い講師陣

2.受講者に最適化したマンツーマンレッスン

3.担任の先生による手厚い指導

 

正しい英語教育を実践するリトルブラウンでも

オンエアイングリッシュのオンラインレッスンを

受けられます。

詳しくはこちら→ http://www.littlebrown.jp/

About Us

企業名:オンエアイングリッシュ株式会社

所在地:東京都台東区蔵前4-31-12

設立日:2012年7月2日

資本金:1000万円

代表者:柳 承乙

事業内容:英語教育サービス

経営理念:英語学習に取り組む方々に支持される 英会話レッスンサービスを提供します

U R L: http://www.onairenglish.jp/

OnAir English Teachers

オンエアイングリッシュの講師陣は、プロフェショナル英語専門指導者集団です。